「ぼくの街の阪神電車2017」が公開。1987年のCMが30年を経て、今、甦る

2017.01.25

阪神電気鉄道株式会社

http://www.hanshin.co.jp/

阪神電気鉄道株式会社では、30年前に制作・放送を行っていたテレビCM「ぼくの街の阪神電車」を、現代版にリメイクした動画「ぼくの街の阪神電車2017」を1月25日(水)から公開します。

【HANSHIN GRAFFITI】
阪神電車では、阪神沿線の方々に街の魅力や自身の夢・思い出などを取材し、地元の方々のリアルな声で沿線の魅力を発信する参加型企画「HANSHIN GRAFFITI」を展開しています。今回のタイムスリップCMは、HANSHIN GRAFFITIの一環で誕生したもので、「今でも忘れられない」という声が寄せられていたテレビCM「ぼくの街の阪神電車」が制作されることになりました。

【ぼくの街の阪神電車2017】
一人の野球好きの少年が、阪神電車に乗って出かける姿を、車内の他のお客さまの様子や街の風景を交えて綴る30秒のショートストーリームービー。阪神電車を利用して移動するという「沿線で暮らす方々のリアルな日常」と、「地域に溶け込んでいる阪神電車」の様子を通じて、阪神沿線・阪神電車の「温かさ」・「ほっとする心地よさ」を伝えています。更に、30年前に制作したCMでも印象的だったBGMは、当時と同じく関西が誇るブルースバンド・憂歌団のボーカル・木村充揮さんが、再度担当。「天使のダミ声」は今も健在で、心に響くものとなっており、昔のCMを知る人は、なんともいえない懐かしさを感じることが出来ます。


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。