ベッキー『with』2月号で本音「1万字インタビュー」2時間半のインタビューで赤裸々に語る

2016.12.26

株式会社講談社

http://www.kodansha.co.jp/

12月27日(火)発売の『with』2月号で、ベッキーが1万字に及ぶインタビューに応えてくれた。年明けの騒動から約一年。騒動の最中、そして家から出なかったという4ヵ月の休業期間、ベッキーが何を思って、どんな風に過ごしていたのか、2時間半のインタビューで赤裸々に語っている。

騒動と休業という一連の出来事に関して、「正直な気持ちを言っていいのなら…………やっぱり、辛かったですね」とベッキーが本音をもらした。
ひとりでは壊れてしまいそうだったという休業期間は、周囲の温かい言葉に助けられたそう。「考えられないぐらい苦しい時間もあったけど、信じられないぐらいあたたかい言葉もたくさんいただいて。『この人生をもう一度生きろ』って言われたら、『いや~、ちょっとキツいです』って言いそうだけど、この人生で出会えた人たちにもう一回会いたいです」と語る。
この先どんな恋愛がしたいか、という問いには「皆さんに応援される恋愛」と一言。「当分恋愛しません!とも言いません。ただ、私と恋愛した時点で相手には絶対迷惑かけちゃうから、そこが怖い。私の過去も受け入れてくれて、それでも好きになってくれる人がいたらいいなと思います」
最後に今後の仕事について聞いてみると……「髪を切って雰囲気が変わったので大人っぽい写真を撮ったり、お芝居にも挑戦したいし、もちろん大好きなバラエティにも関わりたい」と前向きな姿勢をのぞかせていた。

今回の撮影では、“黒は着ない”というこれまでのベッキールールを打ち破り、大人っぽい黒コーデに挑戦。
特集の扉のカットは朝靄を背景に幻想的な写真となった。撮影は写真家の川島小鳥さん。スタイリストもヘアメイクもすべてが初めてのスタッフで挑んだロケでは、「これからは皆さんの手によって新しい道ができていくんだ」と感じたそうだ。また、行きつけのカフェや自宅といったプライベートな空間での撮影では、普段なかなか見ることができない素顔を収めている。


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。