徳島県の移住PR動画「vs東京」第4弾映像が12月18日より公開!

2016.12.27

徳島県

http://www.pref.tokushima.jp/

「vs東京」というエッジの効いたコンセプトで、都会の暮らしに疑問を投げかけ、地方の良さへの「気づき」を促してきた徳島県では、このたび、その「第4弾」とも言うべき動画を、徳島県の移住PRの観点から、「東京のこどもと徳島のこども」として制作いたしました。

都会の子ども達は、毎日何を見てるでしょう?ビル、車、知らない人、人、人・・・もっと伸び伸び、五感を使って、元気に成長して欲しい!徳島には、こどもたちの想像力を養い、感受性を豊かにする、自然が、街が、人が、最高の環境があります。
そんな想いをこの動画に込め、都会の皆さんへ、「東京の二人の兄妹」と、「徳島の小学生たち」を対比させる映像を通じて、徳島を体感し、移住のきっかけとなる「気づき」を促す内容となっています。

制作には、今年3月、初開催の「徳島国際短編映画祭2016」クロージング作品「桜谷小学校、最後の174日」で、徳島県内の廃校予定の小学生11人を追いかけ、地域で活動する無邪気なこどもたちの姿を通じて、地方とは何か?を訴えかけた「小原穣(おばら・ゆたか)」「唐津宏治(からつ・こうじ)」(ともにDRAWING AND MANUAL)を、監督及び企画に迎え、4分30秒の「4K映像」の中に、徳島の小学生たちの明るく元気な姿と、美しい自然の風景を織り交ぜ、「こんな地域で暮らしたい!」「こどもを育てたい!」と、都会の皆さんの心を揺さぶる動画に仕上がりました。


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。