鹿児島県志布志市がふるさと納税の返礼品と絡めた動画を制作!書道家武田双雲のパフォーマンスも実施

2016.12.27

志布志市ふるさと納税推進室

http://www.city.shibushi.lg.jp/

鹿児島県志布志市は、この度、書道家武田双雲さんに「志布志」の書を依頼しました。 双雲氏本人が実際に志布志へ訪問し、書道パフォーマンスを実施。その舞台は、湧水池のど真ん中。その澄んだ水の上で行われたダイナミックな書道パフォーマンスをふるさと納税の返礼品と絡めた動画を制作しました。

鹿児島県志布志市の特産品であるうなぎ・焼酎・お茶は、ふるさと納税の返礼品として大変人気があります。

 大隅半島の最東端に位置する志布志市は、シラス台地と霧島山系から脈々と流れ出る地下水が豊富なところです。市内の蓬の郷(よもぎのさと)親水公園内にある普現堂湧水源は、透明度も高く「平成の名水百選」に選ばれています。名水にふさわしく透き通る池の水上に、双雲氏が立ち、パフォーマンスの前に志布志の名水に志を捧げるために合掌します。

双雲氏が一画ずつ力強く書いていく様子は、志布志の豊かな自然が育んだ湧水とそこに吹き抜ける大地の風を表現した音楽と、ドローンを含む3台のカメラで臨場感ある映像となりました。そして完成した文字は、「志」。

志布志市は昨年度7.2億円寄附が集まったふるさと納税事業に力を入れており、今年度は寄附金20億円を目標にしております。その事業のキャッチコピーは、『日本一「志」の多いまちから、日本一の「志」をお届けします』。ふるさと納税の寄附については、観光・福祉・教育など「志」高い事業に取り組んでいきます。

双雲氏による志布志市の書は、ふるさと納税はじめいろいろな志のPRに活用します。


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

記事はありませんでした

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。