女性を襲う性犯罪を未然に防ぐ「パトラン」浅田真央さんの参加で全国に広がる!

2016.12.06

株式会社 regaty

https://www.regaty.jp

株式会社 regatyが応援する改革プロジェクト「パトランJAPAN」代表は「もし公園を走るランナー達が、街中を走れば、犯罪の抑止につながる!」そう思い立ちランニングとパトロールを合わせたパトランをスタートさせました。フィギュアスケーターの浅田真央選手がパトランに参加した時の動画が公開されています。

【パトランJAPAN】
諸外国から見ると「安全」というイメージが強い日本ですが、日本中の至るところで毎日犯罪は起きています。窃盗罪や性犯罪、生死に関わる悪質な犯行まで様々。犯罪被害別の女性の割合をみると、性犯罪では98%、ひったくりは85%が女性の被害です。しかし、性暴力に遭い、被害を届け出る女性はわずか18.5%というデータがあり、これに当てはめると年間4万件程の性犯罪が発生していることになります。
安全とばかりに思っていた地元の街で、友人の1人が不審者被害に遭ったことから、身近に危険が潜んでいることを初めて知った「パトランJAPAN」代表の立花さん。被害の後遺症に苦しむ姿を見て『決して許される行為ではない』と強い憤りを覚え、「その場に誰かいれば被害を未然に防ぐことができたのではないだろうか」「人の目が犯行の抑制につながる」と考え、2012年からパトロールを始めました。
歩いて地域を見守るパトロールを5人でスタートさせましたが、何もないことが当たり前のパトロールに対して意欲を維持することは難しく一人二人と人数は減り、1年後には消滅の危機に。しかし「この活動を辞めるとまた同じような被害にあう人が出てくるかもしれない」と、立花さんたちは地道に活動を続けました。
そして、2015年に住友生命主催の『YOUNG JAPAN ACTION』で大賞を受賞し、フィギュアスケーターの浅田真央選手がパトランに参加してくれたことが大きな転機に。これを機に全国CMも放送され、たくさんのメディアにも取り上げられたことにより「パトランJAPAN」として全国に活動が広がり現在、日本全国20都道府県で活動を展開しています。

【#2 NPO法人改革プロジェクト(福岡) YOUNG JAPAN ACTION 浅田真央×住友生命】
浅田真央選手がパトランに参加した模様を収録した動画が公開中です。小雨の中、約30名のメンバーと一緒に行ったパトランの様子や、パトラン終了後のミーティング、浅田真央選手へのサプライズプレゼントを渡す模様等が収録されています。


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

記事はありませんでした

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。