ポケット・クエリーズが人・モノ・時間を繋げるVRフレームワーク「iVoRi (アイヴォリィ)」を開発

2016.09.14

株式会社ポケット・クエリーズ

http://www.pocket-queries.co.jp

VRコンテンツの制作・配信をプログラムレスで行う為のVRフレームワーク(3Dシナリオエンジンを特徴とした)『iVoRi(アイヴォリィ)』を開発。
企業様向けに提供をスタートしました。
VR-AI-語学学習システム である『Virtual Lesson』は、VRフレームワーク『iVoRi(アイヴォリィ)』の
一番の特徴である『3Dシナリオエンジン』を最大限活用したVRコンテンツとなっています。

VRコンテンツの制作・配信をプログラムレスで行う為のVRフレームワーク(3Dシナリオエンジンを特徴とした)『iVoRi(アイヴォリィ)』を開発。
企業様向けに提供をスタートしました。
VR-AI-語学学習システム である『Virtual Lesson』は、VRフレームワーク『iVoRi(アイヴォリィ)』の
一番の特徴である『3Dシナリオエンジン』を最大限活用したVRコンテンツとなっています。

▼ iVoRi(アイヴォリィ)とは?
ご用意いただくのは『最小限の素材』だけ。
プログラム開発レスにてVR(MR含む)空間上でのコミュニケーションコンテンツを制作・配信するしくみです。

『iVoRi(アイヴォリィ)』の中核であるコンテンツ描画再生機能には、『3Dシナリオ』の概念を採用しています。
これにより、VRコンテンツ制作者は、Excel上でのシナリオ執筆、及び必要な絵素材(3Dモデル含む)制作を行うだけで、
簡単にVR空間上にストーリーのあるコンテンツを制作・配信する事ができます。

▼ iVoRi(アイヴォリィ)の特徴

特徴1. 『VRデータインポーター』
既存コンテンツを自動でVRデータ化してフレームワークへインポート。
蓄積された知的財産を低コストにて再利用可能。
 ・360°動画ファイルはもちろん、画像データや音楽ファイルなど簡単に利用することが可能
 ・3DFACEスキャンアプリを使い、人の顔をスキャンし、3Dアバターを自動生成
 ・空間スキャンアプリを使い、今いる部屋をスキャンしてVR空間上に再現

特徴2. 『3Dシナリオエンジン』
Excelデータを用意するだけで、VR内で簡単にシナリオイベントを作成。
社内研修、トレーニング、エンタメなど様々な用途での活用が可能。
 ・ストーリーを記述するExcelテンプレートを用意。インポートして簡単にシナリオイベントを作成
 ・コンテンツを操作・制御するために豊富なシナリオコマンドを用意。
 ・VR用の3Dモデルなどのコンテンツデータをライブラリとして豊富に用意。

特徴3. 『VR/MRレンダリングエンジン』
MR(Mixed Reality)ライブラリによるリアルとバーチャルの自然な融合。
没入感のあるVRコンテンツ空間を再現。
 ・VR/MR空間でのユーザー同士の円滑なコミュニケーションを実現。
 ・画像マーカ認識、顔(表情)認識、深度解析(距離測定)等の機能を提供
 ・テキストデータを元に発話、音声データを解析してテキスト化する機能を提供


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。