早見あかりが”京都弁”で高良健吾を責めたてる!「創味シャンタン」に続く、創味食品の新CM

2016.09.28

株式会社 創味食品

http://www.somi.jp/products/tsuyu.php

200ミリリットルサイズのお手軽ボトル「創味のつゆ200mlボトル」の新CM、「京都弁」篇を公開。
CMキャラクターを務める俳優の高良健吾さん、女優の早見あかりさんを起用し、これまで以上に息の合った“カップルぶり”を発揮しております。

新CMでは、なぜか突然”京都弁“を話し出す早見さんに、当然のように「なんで京都弁?」と聞いたが最後、「好きなん?嫌いなん?」と怒涛の追求を受けたうえ、眼光鋭く「困ったときのどっちつかずね!」と責められ顔を歪ます、もはやお馴染み(!?)のシーンとなった窮地の高良さん。お二人とも「掛け合い(攻防戦)が見どころ!」と仰るとおり、撮影が進みお互いの距離がさらに縮まることによって、逆に遠慮のない本気(?)の攻防戦が繰り広げられています。

▼ 出演者インタビュー
■今回のCMを撮り終えての感想や見どころを教えて下さい。

高良さん:そうですね、楽しかったです。2回目だったので、早見さんと。だからこの前よりは息があっていた気がしますし、途中の合間合間も結構しゃべってましたし、それで掛け合いがこの前よりよくなったんじゃないかなって思うのと、今回の見どころは僕と早見さんの、カップルの攻防戦だと思っています。

早見さん:はい、すべて高良くんがおっしゃった通りです。笑。ギリギリのせめぎ合いをしているので、私たちの距離が近くなればなるほど、やりやすくなるというか、お芝居が。なので、今回は前回よりもさらにやりやすかったっていうのはありますね。

高良さん:そうですね、また今回も自分がやられるほうなんですけど…


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。