あの有名なラーメン屋「中華蕎麦 とみ田」も参戦!松戸モリヒロフェスタの新PR動画公開!

2016.09.26

松戸市役所

松戸市は、全国有数のラーメン激戦区と言われ、都内からはもちろん、全国のラーメンファンが松戸市内の名店に足を運んでいます。
もっと松戸市の認知度をあげる為、東京・JR渋谷駅前のスクランブル交差点にある日本最大級の街頭ビジョンへCMを放送致します!

放映する画面のサイズは、バスケットボールコート1面分。
渋谷駅前交差点やハチ公広場だけでなく、歩道橋や坂の上
ファッションビルの中などの離れた場所からもこのCMを見ることができます。
CMで使っているバックミュージックは、松戸市内で活動し、同イベントにも登場する
サンバチーム「フロール・ヂ・マツド・セレージャ」の曲です。

▼ フロール・ヂ・マツド・セレージャについて

2001年1月、千葉県松戸市五香にある、「13湯麺」というラーメン屋から発足しました。
ブラジルのお酒でカシャーサ、通称”ピンガ”という焼酎があり、カイピリーニャ(田舎娘)と呼ばれる代表的なカクテルがあります。
作り方は、グラスにレモンとライムをぶつ切りにして入れ、ピンガ棒で押しつぶし、そこにクラッシュアイスを山盛り入れて、
ピンガを好きなだけ注ぎお好みで三温糖を入れ、良くかき混ぜて出来上がり。飲む時は「サウージ」(乾杯という意味)と言って飲みます。
最初は強い口当りですが、氷が溶けちょうど良くなって、三杯も飲んだ頃には「いいカンジ」になっています。
「ピンガでヘベレケ」(藤井康一作詞・作曲)という曲が「リトルジャイブボーイズ」(LJB)によって作られて
そのライブの時”ピンガ”を飲んで盛り上がっていました。

このピンガをこよなく愛する仲間で、「酒ばかり飲んでいてもしょうがないから、何かやろうよ」ということから
「サンバ!」に結びつき、その有志がお金を出し合い、知り合いにお願いしてブラジルから楽器一式を直輸入したLJBの紹介で
プロダンサー平田さんに指導をお願いすることになりました。

チーム名の「フロール・ヂ・マツド・セレージャ」とは、「さくらの花びら」と言う意味です。
五香から常盤平・八柱にかけて全長3キロ程で、樹齢40年以上千本近くの桜並木があり
春の「さくら祭り」には70万人もの花見客が訪れ、その時に「サンバパレードをしよう」という気持ちが込められています。


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。