濱田岳と武田鉄矢の「赤いきつね」で武田鉄矢にキレてしまった最新CMが公開中

2016.09.20

株式会社KADOKAWA

www.maruchan.co.jp/aka-midori

濱田岳が「マルちゃん 赤いきつねと緑のたぬき」の新CMに登場。'78年の「赤いきつね」発売当初から38年間CMキャラクターを務める武田鉄矢と共に、「それ今!?巨大タコ」篇で「赤いきつねと緑のたぬき」に出演。

新CMで“先輩”武田と“後輩”濱田は、海中探査中に巨大なタコに遭遇。絶体絶命の緊迫した状況で、武田が濱田に突拍子もない質問をし、濱田は思わず「それ、今じゃなきゃダメ!?」と怒ってしまう。2人は命からがら逃げ出し、船上で「マルちゃん 赤いきつねと緑のたぬき」を食べてホッと一息つき、落ち着きを取り戻す。

実は、武田と濱田は過去に先生と生徒役で共演しており、濱田にとって武田は自身のキャリアを変えるきっかけにもなった恩師ともいえる存在。その武田が38年間続けてきた大仕事に初参加するというプレッシャーから、撮影開始当初の濱田はガチガチに緊張していた。

だが、撮影が進むにつれて緊張もほぐれると、’15年に2人が共演した釣りドラマをネタにした「釣った魚はうまいよなぁ」という武田の一言で現場が和やかなムードに。その後は2人の会話も弾み、武田の「頑張っているのも、苦労してたのも、ずっと見ていた」という言葉に、濱田が涙ぐむ一幕も。新CMのストーリー同様、撮影現場は緊張した雰囲気からほっこりした空気に変わっていった。


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。