大庄グループのラム肉ジンギスカン「悟大」、宮崎産若鶏焼き「とり家ゑび寿」が三島広小路にオープン!

2016.12.26

株式会社大庄

http://www.daisyo.co.jp/

全国で約770店舗の飲食店を展開する株式会社大庄は、飲食店激戦区の東京で肉好き100名以上が行列をつくり話題となり連日満員の「羊肉酒場 悟大(ごだい)」を2016年12月26日(月)、「宮崎産の旨い鳥 とり家ゑび寿(とりやえびす)」を27日(火)、静岡県三島市三島広小路駅前に連続でオープンします。

悟大は、「1頭からわずか4人前しか取れない“生ラム肉の特上肩ロース”を厚さ2~3cmでスライスした超厚切り肉」を“あみやき”(網焼き)で羊肉の本当の旨さをリーズナブルに堪能できる本格ジンギスカン専門店。ゑび寿は、「宮崎県から空輸で届く超新鮮で貴重な若鶏肉」を本場宮崎で食すように豪快に炙り焼きにして提供する安くて旨い若鶏焼き専門店です。

「悟大」は、ジンギスカンの本場・北海道の食肉生産加工会社「肉の山本」から直接仕入れた羊肉を、ジンギスカン鍋ではなく網で焼くスタイルでご提供。このため肉汁を閉じ込めたジューシーさと、煙で燻された奥深い味わいが楽しめます。また羊肉特有の臭いが“驚くほどない”のが特徴です。昭和初期の大衆酒場にタイムスリップしたような空間は、まるでテーマパーク。昭和の懐かしさ漂うワイルドな大衆酒場の雰囲気と肉が香ばしく焼ける匂いに誘われ、ひとたび肉と生ビールを楽しめば、もう虜になること間違いなしです。

「とり家 ゑび寿」は、宮崎県産の“フレッシュで旨い鶏”を使った料理を“リーズナブルな価格”で提供する大衆酒場です。
当店で使われる鶏が“旨い”理由は、鮮度が良いことはもちろん、宮崎の温暖な気候のなか、霧島連山からの霧島裂罅水(きりしまれっかすい)と呼ばれるミネラルたっぷりの天然地下水を飲み、自然の飼料で育つ、生後49日の若々しい“若鶏”だから。臭みのない若鶏ならではの脂の甘さやみずみずしさ、程よく締まった身のプリプリとした弾力が味わえます。


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。