総務、人事必見!シーン別ビジネス動画まとめ(バックオフィス編)

2017.03.03

ムープレ編集部

http://movie-press.jp/

動画の活用は、広報・宣伝活動や営業活動の中でだけで重要度が増している話ではありません。人事や総務等の部署でも、自社の採用活動や社員研修で動画を活用する企業が増えてきています。バックオフィス部門は、動画をどのように活用していくべきなのかを、シーン別にお伝えします。

1「採用動画」。就職活動、転職活動者の自社への理解を深めるために

就職活動中の学生や、中途採用での入社を希望する転職者に向けた情報発信ツールとして動画を活用することができます。具体的には、会社情報や事業内容を説明する動画を制作し、会社説明会で放映したり、Webサイト内のリクルートページ等に掲載したりします。 インターネットTV「abemaTV」を運営するサイバーエージェントの場合は、動画採用という取り組みを行っており、「FRESH! by AbemaTV」内で「就活TV」という番組を行い、サイバーエージェントを志望する学生に対し、事業紹介、公開OBOG訪問、インターンシップの生放送とっいった就職活動に関する情報を生放送で配信しています。 このように、採用活動に動画配信を取り入れることで、、会社の“生”の雰囲気等、テキストだけでは伝えきれない情報も伝えることができ、就職活動者に自社の理解を深めてもらうことができます。

 

<採用動画の一例>

【就活TV!】サイバーエージェント デザイナーの就活

出典:人事就活チャンネル

 


2「研修動画」新入社員のOJTに動画を活用して円滑に

新入社員の入社後、社員研修等のプログラムが組まれていると思いますが、研修に動画を取り入れることで様々なメリットがあります。例えば、新入社員が自分のデスクで研修動画を見ることにより、移動時間や場所の確保、研修時間の短縮に繋がります。営業所ごとに研修を行う場合は、研修動画を導入することで、営業所ごとの研修のレベルのバラつきをなくすことが出来ます。

 


3「企業理念動画」自社の考えを各方面で浸透させるために

会社の理念、経営者の考えをあらゆるステークホルダーに届けるために大切なのが企業理念の発信。企業理念動画の撮影をしておくと、様々なシーンで役立ちます。新卒や中途のリクルートでは、会社紹介動画とともに、会社の理念や社風を伝えることができます。お客さまやクライアント、株主に対する自社のブランディングにも活用していくことができます。

 

<企業理念動画の一例>

FTC 採用動画_完成版

出典:エフティコミュニケーションズ YouTube公式チャンネル

 


4「社内イベント用動画」従業員のモチベーション向上、式典の成功のために

会社の式典や、社内でのイベント等で上映する動画です。企業理念動画を式典や社内イベントで上映するようなケースもあります。会社の歴史をまとめた動画や純粋に社員が楽しめるような動画等、イベントのコンセプト等に沿って動画を制作することになります。 イベントのコンセプトによって動画の内容は変わりますが、「社員の士気向上」「社員に会社をより好きになってもらいたい」という目的は共通するケースが多いです。

 

今回でご説明した以外のシーンで動画が活用されています。それだけ、企業と動画の関係性は密接になってきているということです。時間とお金のコストも少なくなり、動画を制作するハードルは下がってきています。 人事や総務で働いている方々も、会社や従業員を支えるツールとして動画を取り入れてみて下さい。なお、広報や宣伝、営業の動画の種類は下記特集記事をご覧ください。

広報、宣伝、営業…、あらゆる部門で活用。シーン別ビジネス動画まとめ

 

 

Writer:ムープレ編集部


同一カテゴリの記事Same Category

こちらの記事もチェック!Related Article

ムープレとは?What's ムープレ

企業のオンライン動画プロモーションに必要な情報を発信するWebサイトです。トレンド、拡散理由の分析、知識の共有、インタビュー等の特集記事を配信する“メディア”、最新の動画プレスリリースの掲載を行う“プラットフォーム”という2つの役割を担っています。既にオンラインでの情報収集は「読む」から「見る」に変化している時代です。ムープレは、企業の広報・宣伝活動に有益で、ビジネスの成功に繋がる動画情報が集約されています。